中国へ進出する

中国へ進出する

中国に進出する企業のよくある勘違い

 冒頭に結論を述べると≪董事会=取締役会ではない≫ということである。とはいえ大きく違うかというとそうでもなく、構成員である董事と取締役の位置づけが異なるので中外合弁会社においては、董事会はその最高権力機構とされており、敢えて日本の株式会社の期間と比較するのであれば、取締役会と株主総会を足したような機関となるので日本の上場していない会社であればこんな感じかもしれない。
中国へ進出する

中国における外国投資法について

 今回の主な内容は 中国経済社会の発展に伴い、30 年以上前に施行された現行の外資三法は、既に改革の全面的深化および開放のさらなる拡大という需要に十分に対応できていない。
中国へ進出する

中国の会社法について

外国企業における会社の設立や運営に関しては、「会社法」および「外資三法」(「外資企業法」、「中外合資経営企業法」、「中外合作経営企業法」)が基本法規となり、その他各種関連法令が存在しています。
中国へ進出する

外資三法から外国投資法へ

2016年10月に外資三法は改正されたことは前にお伝えした通りでございます。外資三法とは「外資企業法」、「中外合弁企業法」、「中外合作経営企業法」で構成されており、従来外商投資企業の設立に必要とされた政府主管部門の認可が、ネガティブリストに該当しない場合は届け出制となりました。
中国へ進出する

中国における現地法人の各形態の特徴

外国企業の進出形態について以下のように分類できます。そろぞれの特徴についてご紹介させていただきます。
中国へ進出する

中国する企業の進出形態別のメリットとデメリット

ここで進出形態についてそれぞれのメリット・デメリット別にまとめます。
スポンサーリンク