中国へ進出する

そもそも合弁企業とはどのようなものかについて解説

前回は「中国で現地法人を設立するなら、考える組織形態」と題して、どのような形態で進出していくのかイメージしていただけたでしょうか?外国企業も諸条件があるものの中国は手続きさえ踏めば進出にウエルカムな国です。
中国へ進出する

中国で現地法人を設立するなら、考える組織形態

前回は「中国における合弁契約書の作成例をご紹介」と題して、実例を元に紹介をさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?日本と違って海外で契約書は特に重要です。
中国へ進出する

中国における合弁契約書の作成例をご紹介

前回までは「中国進出の検討編」のタグで進出するためのナレッジを共有してきました。今回からは中国進出の実務編ということで実際の契約で雛形に使える契約書を掲載しておきましたので参考にしてみてください。
中国へ進出する

ファージビリティ・スタディと合弁契約書の必要条項について

前回は「中国で法人設立をするときに知っておくべき独自のルール」と題して、難しいことではないことながら、情報としてはっきりしていない点があることについて共有させていただきました。今回はファージビリティ・スタディ(以下、FS)の定義と合弁契約書の必須条項について解説させていただきます。
中国へ進出する

中国で法人設立をするときに知っておくべき独自のルール

前回は「中国で会社設立(法人設立)するために必要な書類・準備」と題して、実務上においてやるべき段取りなどは把握していただけたと思います。今回は、定款の設計を進めていきたいと思いますが董事会、名称のルールなど細かいけど情報としてはあまり出回っていない現場レベルのアレコレについて共有させていただきたいと思います。
中国へ進出する

中国で会社設立(法人設立)するために必要な書類・準備

前回は「中国で会社設立(法人設立)するための8ステップ」と題して、想定所要日数や必要な書類などを挙げさせていただきました。今回は、具体的に必要となってくる書類などについて紹介させていただきます。
中国へ進出する

中国で会社設立(法人設立)するための8ステップを解説

前回は「中国に進出する企業のよくある勘違い」と題して中国進出に際して注意しておきたい認識のすれ違いについて共有させていただきました。ここでは、もっとも一般的な進出形態である、現地法人としての会社設立(法人設立)について、流れを記載します。
中国へ進出する

中国で会社設立するのに必要な最低資本金

先日の会社改正法や外商三法の紹介に続き、今回はその内容について深掘りしていきたい。 その改正の内容について、以下の6つのポイントに分けてみた。
中国へ進出する

中国における2013年の会社改正法のまとめ

 私は中国へ進出を希望する企業や個人のサポートをさせていただいており、普段は細かい点について聞かれることは少ないのですが、自分でも忘れそう(笑)なので会社法改正の成り立ちや外商投資について最新情報を更新していきたいと考えています。
中国へ進出する

中国における合弁企業とは

今回は中国における合弁企業とはなんぞやという部分に触れていきたい。 合弁企業とは日本側の合弁当事者と中国側の合弁当事者が資本金を共同出資して設立した中国企業なので、「中外合資経営企業法」と「中外合資経営企業法実施条例」に基づいて定義されるが以下の点に注意していただきたい。 まず、合弁企業とは中国に限らず出資者に対して利益の享受と危険負担を出資比率に応じて求められる。
スポンサーリンク