中国進出の実務編

中国へ進出する

定款における経営範囲に関する条項について留意すべきこと

前回は「中国で法人を設立するときに定款は、出資者が自由に作成できるのか」と題して、中国における定款は要点さえ抑えてしまえばルールは最低限必要な取り決めだということを共有させていただきました。
中国へ進出する

中国で法人を設立するときに定款は、出資者が自由に作成できるのか

前回は「中国企業との合弁契約書について解説」と題して、割と大変な印象のある合弁契約書の作成ですが、ジョイントベンチャーを組む場合は中国に限らず、しっかりとした契約に落とし組むのが基本となってきますので気負わず淡々と進めていきましょう。
中国へ進出する

中国企業との合弁契約書について解説

前回は「中国の現地法人の名称ルールについて解説」と題して、中国はとても広大な国土があり、自由に決められないというよりもルールがあったほうが、その会社を利用する人にとってわかりやすいという側面があるのであまり硬く考える必要はないという話でまとめさせていただきました。
中国へ進出する

中国の現地法人の名称ルールについて解説

前回は「中国に現地法人(製造業)を設立するなら立地には注意しよう」と題して、中国で製造するために工場を建てる場合に特化した内容をご紹介させていただきました。今回は、現地法人の名称のルールについて紹介させていただきますが、日本のようにほぼ自由に名称を決められるわけではなく、中国では一定のルールに則って作成する必要があります。
中国へ進出する

中国に現地法人(製造業)を設立するなら立地には注意しよう

前回は「中国に合弁で現地法人を設立する場合の注意すべき交渉方法」と題して、一般論を紹介させていただきました。今回は製造業に特化した内容でお伝えさせていただきます。
中国へ進出する

中国に合弁で現地法人を設立する場合の注意すべき交渉方法

前回は「外商投資産業指導目録とはどのようなものかについて解説」と題して、深掘りの解説させていただきました。今回は日中合弁で中国に現地法人を設立する場合、どのよう点に注意して合弁交渉を進めなければならないのか解説させていただきたいと思います。
中国へ進出する

中国で現地法人を設立するなら、考える組織形態

前回は「中国における合弁契約書の作成例をご紹介」と題して、実例を元に紹介をさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?日本と違って海外で契約書は特に重要です。
中国へ進出する

中国における合弁契約書の作成例をご紹介

前回までは「中国進出の検討編」のタグで進出するためのナレッジを共有してきました。今回からは中国進出の実務編ということで実際の契約で雛形に使える契約書を掲載しておきましたので参考にしてみてください。
スポンサーリンク